HOME » Natsu note

全く新しいムービーメーカー omoide リリース 2015/08/21/|アプリサポート

このたび、動画にちょっとスパイスを加えてより素敵な思い出にできるアプリを作りました。その名も「omoide」です。

Omoide logo single

omoide Pro セール中 120円(2015/08/21現在)→
無料版 omoide(アプリ内課金あり)→

omoideの成り立ち

RoundedCorners 180

撮影場所や日付、そして出演者の名前と年齢、これらの表示があるだけで、動画を観るときの気持ちが違います。撮影現場にいなかった人でも、そのときの様子を簡単に思い浮かべることができるのです。

動画にBGMを付けると一気に華やかになるのをご存じですか?動画に映し出される情景が、曲と共に心に刻まれます。

動画編集アプリはたくさんありますが、操作が複雑だったり結構手間がかかります。もちろん、大作を作りたいときには、十分な機能を持つ動画編集アプリが必要になるでしょう。でも、それって毎日ではないと思うのです。

自分の経験から、仕事・育児・家事・ちょっとの昼寝とちょっとの自由時間、、、そんな毎日に、動画編集にどっぷりつかっている時間はありません。でも、動画をもう少しおしゃれにしたい。

そんな思いで、アプリ「omoide」は誕生しました。

発端は子どもの成長を意識してのものでしたが、もちろんそれ以外にも色々なところで使えるアプリです。

omoideのこだわり

一番大切にしたのは、動画に撮られたそのままの姿。映像も音も大切な記録です。そしてもう一つ、徹底的にこだわったのが簡単操作。操作ステップが少ないのは当たり前。「迷う」ことに費やす時間もとことんまで減らしました。

omoide スタイル選択画面

omoideで作る動画は、素敵なタイトル画面から始まります。ここには、タイトル・日付・場所が表示されます。タイトル画面はBGMとセットです。これをomoideでは「スタイル」と呼んでいます。

スタイルを選択する、すなわちタイトル画面とBGMのペアを選ぶ、これがomoideでは最初で最後の「選択」です。フィルタやフォント、文字の位置、そしてBGM、、、それぞれを個別に選べればカスタマイズ性は高まります。でも、その分「迷う」ことに費やす時間がどんどん過ぎていきます。また、自由度が高すぎると案外うまくまとまらないものです。


BGMをつける

動画編集における難関とも言えるのがBGMです。声が聞き取りにくくならないようにするために、通常はボリュームの調整が必要です。でも、動画の最初から最後まで音声ボリュームが一定とは限りません。ある部分では聞き取れるけど、ある部分では全く聞き取れない、そんなことがすぐに起こります。そして、これを防ぐためには、何度も再調整を繰り返すしかないのです。

そして、ボリューム調整と並んで問題となるのが、曲のトリミングです。

特に動画が短いとき、曲の先頭から使うと前奏部分だけで終わってしまうことも少なくありません。この問題を解決するためには、動画長に合わせて曲を切り出す必要が出てきますが、この操作にもまた手間がかかります。

omoideは、この2つの問題を技術力で解決しました。

電気通信大学で開発された「スマートミキサー」というミキシング技術を用いることで、動画音声を邪魔することなくBGMが付けられるようになりました。そのため、omoideにはボリュームの設定がありません。

そして、「おまかせフレーズ」と呼ばれる機能(同大学による開発)により、動画長にピタリとあった部分を曲の中から見つけ出して使います。これにより、omoideでは曲のトリミングが自動化されています。

これらの技術は、操作ステップを格段に簡略化してくれました。音に関する調整はすべて自動化されているのです。これが、ほかの動画編集アプリに比べてomoideの画面数が少ない理由の1つです。

文字を表示する

動画に文字を表示するときの最大の問題点、それは、どのような映像かがあらかじめ分からないことです。青空の上に水色の文字は読みにくいですし、顔の真ん中に文字を配置するのも問題です。

ではどうするか。多くの動画編集アプリでは、文字の位置を自由に変更できるようになっています。また、フォントサイズや色も好みで設定可能です。

でもこれ、確認しながら微調整するには結構な労力が必要です。

そこでomoideでは、文字位置やフォントをタイトル画像と一体化させました。これなら文字は動画コンテンツではなく画像に依存します。だから、スタイルを選ぶだけで、文字の調整は不要なのです。

テキストを編集する

BGMのボリューム設定やフォントの調整ほど面倒ではないものの、操作性に大きく関わるのがテキスト入力です。そこで、omoideでは、入力の手間をできるだけ省くことを考えました。

動画編集をしていると、だいたい表示したい内容は決まってきます。「タイトル」「撮影日」「場所」。これらの入力を支援するものには何があるか。

まず始めに考えられるのが、動画の撮影情報。撮影日と撮影場所はここから得ています。iPhoneまたはiPadのカメラで撮影していれば、ほとんどの場合においてこれらの情報が入っているのでかなり有効活用できます。

そしてもう一つ。タイトルの候補として利用したのがカレンダーイベントです。

もちろん、何気ない日常を撮った動画もたくさんありますが、誕生日や旅行など、撮影した日のカレンダーに何かしらの予定が登録されていることも多いでしょう。

また、祝祭日もカレンダーイベントとして登録されていることがあるため、これらを使わない手はありません。祝祭日はお出かけのチャンス、そして動画撮影のチャンス。これらを連携しないなんてもったいない。

動画の最後に表示されるのは出演者です。名前と共に年齢も表示できます。誕生日を登録しておくことで、動画の撮影日の年齢が自動で表示されるようにしました。

年齢が小さいうちは月齢表示にも対応しているので、子どもが生まれたときから使えます。

omoide タイトル編集

omoide 出演者編集

omoideの将来

アプリはリリースして終わりではなく、リリースしたところからが始まりです(なんか結婚みたいですね・・)。

課題はまだまだたくさんあります。スタイルや曲数を増やしたり、ユーザーが持っている曲(ミュージックアプリ内の曲)を使えるようにしたり。ユーザーインターフェイスも、突き詰めればまだまだ改善できると思います。

現時点でアップデート時期は未定ですが、少しずつ育てていきたいと思っています。

ご意見、ご要望等ありましたら、サポートサイトよりお寄せください。
omoideサポートサイト

[書評] 開発のプロが教えるSwift標準ガイドブック 2015/02/17/|

AppleによりSwiftが発表されてからもう半年以上が経ちました。Swiftの導入度合いはいかがでしょうか。私はというと、Objective-Cが身に染みこんでいる今の状況では、なかなか頭の切り替えができずに苦労しています。理解が進むと、「ああ、もうObjective-Cには戻れないかも」と思うのですが、はたまた少し複雑なことをしようとすると「Objective-Cならすぐに書けるのに・・」と気持ちも揺れています。 そんな、移行期間にある開発者を確実に手助けしてくれるであろう一冊が発売されています。献本いただきましたお礼を兼ねて書評を書きました。 開発のプロが教える Swift標準ガイドブッ

Size Classで柔軟なレイアウトを実現 2015/02/12/|iOS, , ,

iOS 8とXcode 6より導入されているSize Classは、使えば使うほどその便利さに気がつきます。この便利なSize Classを理解すべく、IBとアセットカタログのみを利用したサンプルを用意してみました。 Size Classとは 何ができるのか Size Classを使えば、画面のサイズ(デバイスの種類や向き)に応じた画面レイアウトを実現できるだけでなく、フォントサイズや画像も画面サイズごとに設定できます。さらには、特定のサイズのときだけ表示されるビューも、IB(Interface Builder)上で簡単に実装できてしまいます。 iOS 8では、「Size Class」に関連す

[Xcode] デバイスのスクリーンショットをXcodeから撮る 2014/10/01/|Xcode

Xcode 6になって、色々とかゆいところに手が届くようになった気がしています。そのひとつとして、実機のスクリーンショット保存機能が上げられるのではないでしょうか。これ、地味ですがとても便利な機能です。 アプリ開発をしていると、様々な場面でスクリーンショットを撮る必要が出てきます。App Store用のスクリーンショットはもちろん、サポートサイトなどにも必要になるでしょう。 これまで実機でスクリーンショットを撮るためには、「ホームボタン」+「電源」で画像を保存しその画像をMac(またはPC)側に読み込む必要がありました。この一手間がとても面倒だったのと、iPhoneの中に大量なスクリーンショッ

iOS 開発ツール FLEX by Flipboard を試す 2014/08/20/|iOS,

お知らせ:開発ブログが新しくなりました。詳しくはこちらをご参照ください。 Flipboardが提供している機能満載な開発ツールFLEXを試してみました。 https://github.com/Flipboard/FLEX 何ができるの? 至れり尽くせり何から何までできます、というのが正しい表現でしょうか。かなり高度なツールです。GitHubのページに書かれている内容をそのまま訳すと以下のようになります。 ビュー(ビュー階層)の確認と修正 プロパティとインスタンス変数の参照 プロパティとインスタンス変数の動的変更 インスタンスメソッド、クラスメソッドの動的呼び出し ライブオブジェクトへのアクセス

開発ブログ リニューアル 2014/08/12/|未分類

色々と事情があり、再びブログを移行しました。紆余曲折してここに至った感じではありますが、今度こそ落ち着きそうです。 ブログの再構築に伴い、古い記事の一部を整理(削除)しました。ブックマーク等をしていただいていた方には申し訳ありませんが、すでに情報が古いものが多かったため、移行不要と判断しました。 アクセスの多かったCore DataやTable View関連の記事については、最新情報を元にまた少しずつ投稿していこうと思います。 これからも、楽しく読んでいただいて、開発に活用していただけるような記事を心がけていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ブログURL http://natsua

【お詫びと訂正】UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発 正誤表 2014/06/18/| » 著書

先日発売された「UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発」ですが、多くの方に読んでいただいているようで嬉しい限りです。そんな中、非常に心苦しいのではありますが、誤記が何点か見つかっております。この場で、お詫びし、訂正させていただきます。 P.014 setNeedsDisplay(上から4行目) [誤] 再描画にはsetNeedDisplayまたは [正] 再描画にはsetNeedsDisplayまたは “s”が抜けています。 P.019 autoresizingMask(1行目から3行目にかけて) [誤] autoresizingMaskが「(UIVi

店頭POPの作成「UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発」 2014/06/16/| » 著書

先日、初の単著となる「UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発(リンクAmazon)」が発売されました。これに伴い、6月13日の発売日にいくつかの書店にて店頭POPを書かせていただきました。 店頭POPを書かせていただいた店舗はこちら↓ ジュンク堂書店 池袋本店 紀伊國屋書店 新宿本店 紀伊國屋書店 新宿南店 紀伊國屋書店 渋谷店 ジュンク堂池袋店では、その後ツイッターでもお知らせしていただきました。 6/13お知らせ:インプレスジャパンの新刊『UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発』 著者の西方さんがご来店、POPを書いてくださいました!ぜひ店頭でご確認くだ

UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発:執筆いたしました 2014/06/10/| » 著書

WWDCも終わり、世間はiOS 8やSwiftに向かって盛り上がっていますね。どんどん進化するiOS、そしてiOS SDKにXcode(さらにはプログラミング言語まで!)。このスピードについていけていますか? 最新情報を追い続けるためには、基本を抑えておく必要があります。土台をがっちりさせておかないと、その上にいくら新しい知識を上乗せしても、いずれ崩れてしまいます。 そんな思いを心に秘めて、1冊の本を書きました。タイトルのとおりUIKit一色の本です。発売は6月13日を予定していますが(予約できます!)、一足先に内容をご紹介します。 UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発 p

NSNumberFormatterを用いて賢く国際化 2013/12/25/|iOS, ,

先日たまたまこんなツイートを見かけました。 『ヨーロッパの多くの国では(.)と(,)の扱いが逆であるため、「1,234.567」を「1.234,567」と書きます。』知らなかった。。。 > RT — masahiro k. (+Beans) (@Jacminik) 2013, 12月 19 去年まで暮らしていたドイツでは後者(日本とはカンマとコンマが逆)の表記が用いられていました。実はカンマとコンマの他にも、3桁区切りの文字がスペースだったり、国や地域によって様々な表現方法があります。金額表示も、通貨単位が数字の前に来るケースと後ろに来るケースがあったりします。 アプリ開発で