HOME » Natsu note » Xcode » [Xcode][Plug-in] UIColorの色をエディタ上で確認できるColorSenseがすごい!

[Xcode][Plug-in] UIColorの色をエディタ上で確認できるColorSenseがすごい! 2012/09/17/|Xcode,

先日ツイートもしましたが、あまりにも便利すぎるXcodeプラグインに出会ったのでこちらでもご紹介。

ColorSenseは、UIColorまたはNSColorで設定した色をエディタ上で確認したり、カラーピッカーを利用して直接編集することができるXcodeプラグインです。作者は、AppSales-Mobile(github)やNewsRackなどで有名なOmz氏です。信頼できて安心ですね。

このプラグインを入れると、例えば、[UIColor colorWithRed:green:blue:alpha]のメソッド上にカーソルを持ってきたときに、右上にその色が表示されます。

Xcode plug-in ColorSense


さらに、この色表示の部分をクリックするとカラーピッカーが出てきて、その場で色を変更できます。カラーピッカーで選んだ色が自動でコードに入っていくのです。これが本当に便利。

百聞は一見に如かず。まずはデモビデオを見てみてください。

インストールは簡単。githubからXcodeのプロジェクトごとダウンロードしてきて一度ビルドするだけです。ビルド後、プラグインは、

~/Library/Application Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins

にインストールされます。アンインストールしたいときは、このフォルダから該当プラグインを削除します。

現時点では、RGB(colorWithRed:green:blue:alpha)、グレイスケール(colorWithWhite:alpha:)と色の名前を指定するメソッド(redColorなど)にのみ対応しているようです。また、値には直接数字を入力する必要があり、引数が変数になっている場合は未対応のようです(私にとっては全く問題なし)。

私はこれまで、ColorChooserというツールを使っていました。これは、カラーピッカーで選択した色をUIColorやNSColorのコードに変換してくれるものです。これはこれで便利だったのですが、一度コードに埋め込んだあと、手を加えたくなったときに面倒でした。今後、このColorSenseが手放せなくなりそうです。

関連リンク

Pairote Leelaphattarakij
ジャンル:Developer Tools
価格:400円
posted with iTunesLinker at 14.08.12