HOME » Natsu note »  Debug

iOS 開発ツール FLEX by Flipboard を試す 2014/08/20/|iOS,

お知らせ:開発ブログが新しくなりました。詳しくはこちらをご参照ください。 Flipboardが提供している機能満載な開発ツールFLEXを試してみました。 https://github.com/Flipboard/FLEX 何ができるの? 至れり尽くせり何から何までできます、というのが正しい表現でしょうか。かなり高度なツールです。GitHubのページに書かれている内容をそのまま訳すと以下のようになります。 ビュー(ビュー階層)の確認と修正 プロパティとインスタンス変数の参照 プロパティとインスタンス変数の動的変更 インスタンスメソッド、クラスメソッドの動的呼び出し ライブオブジェクトへのアクセス

[Xcode][tool] ランタイムデバッガーSpark Inspectorが便利! 2013/05/14/|iOS,

デバッグ時にビューについての情報(重なりや位置、色など)を解析したくなることがよくあると思います。ビューの階層構造を知るための方法はいくつかありますが、先日見つけたSpark Inspectorがものすごく便利そうなのでご紹介します。 Spark Inspector – Runtime Debugger for iOS Apps Spark InspectorはBonjourとMethod Swizzlingを利用したランタイムデバッガーです。プロジェクトにフレームワークを追加し、起動のためのコードを記述するだけで簡単に利用できます(実際には、これらの作業もアシスタントが自動で行っ

[紹介] Objective-C警告タイプのまとめ 2013/05/11/|iOS » Xcode,

アプリ開発時に最も苦労するのは何でしょう。多くの人がバグ取りとテストに時間を取られているのではないでしょうか。本来であれば、多くの時間はバグ取りではなく設計に費やしたいところです。 そこで役立つのがコンパイル時の警告。たかが警告、されど警告。あなどれません。ここには非常に多くのヒントが隠されています。私自身、常に警告はゼロにしていますが、コンパイルオプションを変えるとまだまだほかの警告が出てきます。 この警告レベルについて、非常に分かりやすくまとめられている記事がありました。 Compiler Warnings for Objective-C Developers – Ole Be

[Xcode][iOS] Xcode 4.2にiOSシミュレータ4.3をインストールする 2011/10/17/|Xcode,

先日リリースされた正式バージョンのXcode 4.2 + iOS SDK 5.0。お気づきだとは思いますが、シミュレータが5.0のものしかありません。 そうは言っても、まだまだOSバージョン4.xをサポートしている方は多いでしょう。そんなときは、Xcode 4.2にiOSシミュレータ4.3をインストールしましょう。 インストール方法は簡単。XcodeのPreferences…(Command+,)で環境設定を表示し、Downloadsタブを選びます。ここからiOS4.3のシミュレータがダウンロード可能です。これで無事にiOS4.3のiPhone, iPadシミュレータが動作するよう

[iOS][Cocoa] setValue:forUndefinedKey:で未定義キーを検出 2011/10/13/|iOS, ,

今回はちょっとしたデバッグテクニックをご紹介。 非常に便利なKVC(Key-Value Coding)ですが、ときにはデバッグがしにくいこともあります。keyは文字列なので、コード上や読み込む外部データなどにタイプミスがあってもエラーとしては検出されません。 setValue:forKey:でキーに未定義のキーを渡してしまうとクラッシュしてしまいますね。もちろん、デバッガを使っている環境であれば、クラッシュしたときのオブジェクトとキーがわかりますので一つずつ修正していくことは可能です。 しかし今回は、クラッシュさせることなく未定義キーが渡されたことを検出する方法をご紹介します。 未定義キーが渡