HOME » Natsu note »  メモリ管理

[iOS5] ARC : Autorelease, キャスト, 環境設定 2011/11/30/|iOS, ,

これまでの記事はこちら: [iOS5] ARC (Automatic Reference Counting) : Overview [iOS5] ARC : プロパティ属性と使い方 [iOS5] ARC : Outletにはweakプロパティを使おう [iOS5] ARC : 循環参照 ARCまとめの最終回はAutoreleaseとキャストについてです。また、最後で簡単にですが、Xcodeの環境設定についても触れます。 Autorelease ARC環境下では、これまでのNSAutoreleasePoolは使えません。そうは言っても、別にAutorelease環境がなくなってしまったわけではな

[iOS5] ARC : 循環参照 2011/11/25/|iOS, ,

これまでの記事はこちら: [iOS5] ARC (Automatic Reference Counting) : Overview [iOS5] ARC : プロパティ属性と使い方 [iOS5] ARC : Outletにはweakプロパティを使おう 循環参照とは 今回は、強参照(Strong reference)を使うときに注意したい循環参照(Strong reference cycle)についてです。循環参照とは、その名の通り、2つ以上のオブジェクトが強参照し合うことにより、どちらのオブジェクトも破棄できない状態を言います。 ここで、循環参照が発生するのは、お互いに”強参照&#

[iOS5] ARC : Outletにはweakプロパティを使おう 2011/11/21/|iOS, ,

今回は、ARCを用いた場合のプロパティ利用に関するTipsです。 ARCって何?と言う方は、まずはこちらからどうぞ。 [iOS5] ARC (Automatic Reference Counting) : Overview [iOS5] ARC : プロパティ属性と使い方 一般的なOutletにはweakプロパティを使う Interface Builderなどを用いて作成したOutletは、一般的に別のview(例えばUIViewControllerのviewなど)のsubviewであることがほとんどです。したがって、これらのOutletのオーナーとなるのはsuperviewのみで十分だと言え

[iOS5] ARC : プロパティ属性と使い方 2011/11/18/|iOS, ,

前回、ARC OverviewでARC(Automatic Reference Counting)の基本概念と__strong, __weak等の修飾子についてまとめました。今回は、Objective-Cではよく使われるプロパティについてみていきます。 オーナーシップ属性 ARC対応により、これまでのセッターに関するプロパティ属性に加えていくつかの属性が追加されました。以下の表が、ARCで有効な属性とそのオーナーシップ(修飾子)との関係です(太字がARCによって追加になったもの)。 プロパティ属性 修飾子 オーナーシップ strong __strong あり weak __weak なし co

[iOS5] ARC (Automatic Reference Counting) : Overview 2011/11/16/|iOS, ,

iOS 5では数々の機能が追加されましたが、その中でも開発者の私たちにとって嬉しかったのはARC(Automatic Reference Counting)ではないでしょうか。そこで、ARCの概要から注意点まで、基本的なところを何回かに分けてまとめていきたいと思います。 ARCとは? ARC (Automatic Reference Counting) とは、その名の通り、自動リファレンスカウンタ。リファレンスカウンタ方式のメモリ管理を自動で(正確にはコンパイラが)行ってくれるというものです。 ご存知リファレンスカウンタ方式のメモリ管理では、retain, releaseなどのメソッドを用いて